40代の転職が困難な理由

それは結局、40代・50代は 需要が無い からと言うところが大きいのではないだろうか?
 
 
40代ともなると、係長や課長クラスの役職についている方も多いと思うのですが、昨今の経済事情から、事業の縮小や解散、最悪は倒産などによって、ミドル世代が市場に溢れて行く一方、逆にそのポジションの席が空くことはまずないでしょうからね~。
 
 
かと言って この年代は、住宅ローン、教育費、クルマのローンなどをかかえている可能性があることを企業側も分かってるだろうから、そこそこの給料が必要になってくることも想定しているだろうし・・・
 
 
給料欲しい
 
 
そうなると、いくら初心からやり直すつもりで転職したとしても、給料は下がる、上司は年下、仕事の覚えは悪い、だてに世間を知っているから口だけは達者 etc・etc…
同じ位のスペックだったら、やっぱり若い方を採る!
 
 
それ以前に扱いづらい(´゚д゚`)
 
 
と、採用する企業側にとっては、あまり良い事が無いのではないだろうか・・・?
まー、中途半端なんだよね~、やっぱり。
 
 
とは言え、これが自分自身のスキルアップのために、転職に意欲がある営業部長とかだったら、ライバル会社とかがその人の人間関係(企業側が顧客の幅を増やせる)を狙って、採用してくれる可能性もあるかもしれないけど、そう言う仕事が出来る人は、現職の企業でも手放したくないだろうし、何よりも会社に対する忠誠心が強いだろうから、根本的に転職なんて考えないだろうし(笑)
 
 
世界のビジネスマン 
 

自分の場合は、年功序列で現場の管理に近いとは言っても、実質はほとんど作業者のようなもんだからね~\(≧▽≦)/
 
 
しかも経験は20年とかあっても、特別なスキルもないくせに「口は達者」「態度はデカイ」「仕事はだんだん出来なくなってきている」と来ればやっぱ無理だわ(;・∀・)
 
 
工場勤務と言う ぬるま湯に、緊張感も無く浸ってきた自分が悪いんだけど、根本的に必要とされる場所が無い(><)
ん~、とても下らないことに気付いてしまった
下らないと言うか、意外と大切なポイントかも…(;´Д`)
 
 
今まで自分で成長しようと努力しなかったことは悪いけど、まさかこんなことになるとはね~。。。
で、自責と言うよりは他責と言うことで自分を納得させる・・・(;・∀・)
 
 
この辺の考え方が負け組か?
ん~、ま~、愚痴でした。。。
 
 
でも、同年代で同じような境遇の方、そう思いません?
 
 
転職の第一歩は、まずは、今までまともに書いたことなんかない「履歴書」「職務経歴書」作りなので、しっかりと添削してくれるDODAを軸に、複数の転職サイトに登録して、情報を集めると良いと思います。
 
 
あー、でも一気に複数に登録するとメールの嵐でメールをチェックするだけで疲れるので、とりあえずは総合系 DODAtypeの人材 などに登録して様子を見てから、専門性の高いところにも徐々に登録して行く形の方が効率が良いと思います。
 
 
調子に乗って色々登録したのは、今となってはちょっと間違いでした。。。
何でも計画的に調査をしてからの方が良いと言うことですね。
結構、重複している求人があるんですが、だいたいDODAにもあることが多いです。
 
 
ただ、その中でもPASONA系はあまりDODAと被ってないですね。(私の希望職種では)
 
  
正直、毎日メールを見るのが疲れてきてます。
段々どうでも良くなってくる感じ。。。orz
 
ポチっ!と応援して頂ければ幸いでございます。m(_ _)m
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

 

    5+

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA